かながわICTクラブ運営協議会
 
文字:







  行間:
  表示色:
 
 
 
 
ICT教育とは
 
ICTとは情報通信技術(Information and Communication Technology)の略です。ICTを導入した「ICT教育」は、それらの機器を学習の中に取り入れることで児童・生徒の興味関心、学習意欲を高め、より深い学び、より高度な知識や技術を習得することを目的としています。
 

ICT教育の効果

ICT活用による学習効果については、さまざまな調査研究から明らかになっている。

平成18、19年度に実施された文科省委託事業による調査研究では、ICTを活用して授業を行った教員の98.0%が、「関心・意欲・態度」の観点において効果を認めていた。(全国752件の検証授業を分析評価より)また、知識・理解、思考・判断、表現・技能・処理などの観点においても、ICT活用によって児童生徒が集中して取り組めるようになることや児童生徒が興味関心をもって学習に取り組めるようになること等についても、多くの教師が効果を認めた。

また、児童生徒においても、学習に対する積極性、意欲、学習の達成感などの項目に関して、ICTを活用した授業において評価が高いことがわかった。

客観テストの結果においても同様に、児童生徒の各教科の得点や「知識・理解」、「技能・表現」の観点で高い効果が得られた。

このことかICTを活用した「ICT教育」は、教師のみならず、児童生徒に対しても学力向上に効果があることが明らかとなっている。

※文部科学省「初等中等教育における学習指導でのICT活用」より